えす、えぬ、てぃ

好きなものの話をしよう

ドライブインカリフォルニア

舞台を観ながら一瞬たりとも泣かなかった。不謹慎で碌でもない、意味不明な笑いにげらげら笑っていた。 泣かせるような気配は、ことごとく邪魔されていく。いやそういうとなんかちょっと、わざと悪く書いてる気がする。 でもほんの少し思うのだ。 松尾さんの…

上半期お疲れ様と下半期宣言

上半期お疲れ様でした。まじでリアルに「生き延びた」感覚になってるのはこのクソみたいな暑さのせいだろうか。 気が付けば6月が終わって上半期が終わるんだけど皆さん実感あります?私は実感がないです。 アホみたいに怒涛の展開だったせいかもしれないし、…

サーカス・メロディー

今更ながら、ここ最近2014年にリリースされたDJ松永さんのアルバム、サーカス・メロディーをひたすら聴いている。なんだか急にぶっ刺さり、繰り返し繰り返し聴いてしまう。 元々はこの中に収録されているR-指定さんとのCreepy Nutsとしての曲「トレンチコー…

さんきゅーオールナイトニッポンJAM

朝起きた瞬間、目の前がぶっ飛ぶかと思った。 そこそこにコンディションが悪かった朝だったけど、Twitterでその知らせを見てからこっち、ずっとテンションが高い。課金もサブスクも苦手な私がほぼ躊躇いなく会員登録していた。 オールナイトニッポンのサブス…

生きちゃってんだからしゃあないじゃん

家族、という投稿を見て、たまらなく嬉しかった。 喜劇が出た時、自分がこの曲に共感できるだろうか、と怯んで、それから繰り返し聴く中で「あなた」に入るのは狭い定義である必要がないんだ、と腹落ちし、 まさしくそんな話を源さんがしてくれるたびに安心…

一過性疲労の対処療法

師匠から勧められた本を読んでない。勧められたのはたぶん去年末?今年の頭?で、もう既に6月も半分が過ぎようとしてるから少なくとも半年は過ぎている。 いつもこうだ。 何かを人から勧めてもらうのが下手くそすぎる。あと、その本についてはわりと仕事に関…

好きなもののことなど

好きなものの話をする。 大泉洋さんが好きなんだけど、洋さんが北海道で以前連載されていたエッセイで好きなものと嫌いなものの話を淡々とするのがあって、 私はあれがとても好きで、なので、好きなものの話をする。 お芝居が好きだ。 劇場で観るお芝居が好…

続・ラジオごっこの話、とMIU404の話

ラジオごっこを、9月からやってる。 という話はブログでも時々してきた。 源さんの「(リスナーのみんなも)ラジオやってみたらいいよ」という言葉を軽率に「そっか!」と受け止め、友達を巻き込み去年の秋から始めた。かと言って「ラジオ」にここ数年手を引…

仕事に負けないためのCreepy Nuts10曲リスト、あるいはただの仕事の愚痴

仕事がつれえ。 何が一番つらいかって仕事をしないともっと辛いということを直近で痛感してるので辛えけどももっと辛いことはあるぞ、と自分が一番思ってることだ。逃げ場がない。 いやでも別に辛くもない気がする。 楽しくもある。憧れた仕事なんてなかった…

今はちょっと、ついてないだけ

自分の人生を「どこで間違ったのか」と思ったことがたぶんない。第二の思春期と言われる年齢のせいか、近頃相談で自分の人生のこれから、みたいな話を聞く機会が増えた。 仕事を選ぶのか、その仕事も何をするのか、結婚は、子どもは。そういう話を相談される…

みんなちがってみんないい

書きたいことがいくらでもある。映画の感想も書けてないし(なんなら、読もうと思って積んでる本もドラマも映画もいくらでもあるし)この間の星野源のオールナイトニッポンを聴いた時の感覚やずっと好きだといいなと願った話も書きたい。17歳の帝国、あれだ…

UCC主催「COFFEE CREATION ‘My Blend’ EXPERIENCE

仕事の昼休みに見た「当選メール」から信じられない気持ちで迎えた本日。 UCCさんの「COFFEE CREATION ‘My Blend’ EXPERIENCE」に行ってきました!!!イベント趣旨は自分の好みにブレンドされたコーヒーを味わえるというもの。 UCCのアンバサダーである星野…

佐久間宣行 ずるい仕事術

仕事って好きだろうか? 私は好きだ。 好きなんだと最近心底思う。「仕事やだよねー」と言われると相槌を一瞬迷う程度には、仕事が好きだ。休みも好きだ。休みをめいいっぱい楽しみたいのでやっぱりそう思うと仕事はあってくれた方が具合がいい。仕事は1日、…

生業 大阪公演

大阪の生業に行ってきた。 元々、RHYMESTERのパフォーマンスを観たかった生業大阪公演。 さらに私にとっては、半ば衝動で行った生業札幌公演で心の底から満足したからこそ「ふたり揃ったCreepy Nutsを観たい」という気持ちが乗っかった大阪公演。 生業を観て…

RED PHOENIX 4月27日大阪追加公演

※一部、曲バレがあります どんな気持ちになるんだろうとずっと思っていた。 正直、ほぼ勢いで決めた公演で、何より前日からの周囲の動揺で「本当に今観ていいのか?」という疑問もあった。それにそもそも、「ライブに行くこと」を自分の中でまだ飲み込めてい…

ANSWER… 大阪DAY2

※曲、演出バレがあります ステージを作り上げる人なんだと思った。 登坂広臣さんのファーストソロツアー、「FULL MOON」でも冒頭映像演出があった。 物語仕立てで、ライブを始め随所にその映像を進めながらライブそのものを作り上げていく。 その作り込みも…

生業 札幌公演

なんで表現するのか、ということをずっと考えていた。スピーカー前、音楽と声のエネルギーを振動として浴びながら、びりびり震える体内の水分の感覚を噛み締める。 HIPHOPの話をする度に私は「自分ごとを歌う音楽だから好きだ」ということを書く。今回も例に…

もしも英語が使えたら

英語が身近かと言われるとそんなことはない。 comeをこめ、と読んでしまった高校時代から進歩なく、相変わらず英語にはどこか尻込みしているところが自分の中にあると思う。 そんな私が唯一、英語が身近になる瞬間がある。 それは、映画を観ている時である。…

#つくのラジオごっこ

#つくのラジオごっこ メインはTwitter(@tsuku_snt)のspaceにて、友達と一緒にその時話したいことについてあーだこーだ言ってます。ラジオ「ごっこ」という名前の通り、 ここ数年ラジオに何度も面白い!となってきた私が小さい頃やってたごっこ遊びのように…

恋せぬふたり

恋せぬふたりの感想では、いや感想というより前評判では「とか言いつつ、結局ふたりは結ばれるという終わりが来るんじゃないか」と言われていた。 多くの「恋愛を目的としない」男女の共同生活の物語が「そして二人は結ばれましためでたしめでたし」で終わる…

君は永遠にそいつらより若い

この映画が自分にとってどういうものだったか、を考えると難しい。それこそ「とっ散らかる」のだ。 食事のシーンが好きだったことや主人公を中心にしたそれぞれの人間関係が愛おしかったこと、出てくる表現ひとつひとつにああ分かる、と頷いたこと。 そうい…

喜劇

「悲劇に溺れすぎないことが大事だと思います。」 ある作品でのインタビューで源さんが語っていた言葉が好きだ。 それは何も「悲劇」を無かったことにしようという言葉ではない。むしろ、それをしっかりと見つめた上でなお、何ができるかという言葉に思えた…

菅田将暉のオールナイトニッポン最終回を聴き終えて

初めて聴いた時は驚きました。元々の印象は「この人の芝居が好き」。 だからこそ、スピーカーから聴こえる賑やかな声に納得するような、びっくりするような不思議な感覚になったのを覚えています。 そういうものが無い混ぜになって、表すなら「驚いて」、な…

Q10

なんの記憶から失われていくか、とはよく話題になる問いかけだ。 視覚の情報なのか、聴覚の情報なのか。 大切な記憶が失われることは、大切な存在を失うことのつらさをより一層際立たせる。 Q10とは、ある日、主人公平太と人間にしか見えないロボットキュー…

あの夜を覚えてる 千秋楽

ラジオが好きだ、と思う。 長く聴いているリスナーではない。私がよく憧れる学生時代から支えにしていた、なんて思い出は私にはなく、ここ数年でラジオを聴き出した、しかもradikoのタイムフリーを駆使しての超ライトリスナーである。 それでも、ラジオが好…

ハンズアップ2022

※ネタバレを大いに含みます 「そうするしかなかった」ように思えた。それしか選択肢がないように思った。 オープニングの映像で流れた言葉を見終わってずっと考えてる。 その言葉は、初演でもあったはずなのだ。そしてその初演を私はDVDで何度も何度も見てい…

耳ガアルナラ蒼ニ聞ケ

※ネタバレを大いに含みます 耳ガアルナラ蒼ニ聞ケは、日本の歴史の中でも人気がありかつ、今でもこうだったんじゃないかと議論が交わされる「坂本龍馬暗殺」をテーマにした物語だ。 誰が龍馬を殺してのか、何故あれだけ人のために尽くした彼が殺されなければ…

ボクラ団義へのラブレター

暫定最終公演。 暫定という言葉がついてるとはいえ、最終という言葉はものすごく重い。 その知らせを聞いた時、私は何をどう考えて感じたらいいか分からなくて一旦全部を保留にした。 コロナ禍であること、でも最終なこと、ただ最近は以前のように観に行けて…

横道世之介

ライフプラン、なんて話がある。 それがお金のことなのかそれとも結婚のことなのかキャリアのことなのか、はたまた何か趣味などの生き甲斐を探すことなのかは様々だ。 さまざまなんだけど、そのどれもが「よく生きる方法」を教えようとしてくる。 ともかく何…

宴会 鳳凰編

音楽をやっている星野源が好きだ。 先日放送されたおんがくこうろんをはじめ、色んなところで話されている悲しいことや苦しいこと、辛いことを明るく歌い上げる源さんが好きだし、音楽をしている源さんを見ていると嬉しくなる。 ああこんなに面白いこと、楽…