えす、えぬ、てぃ

好きなものの話をしよう

カムカムエブリバディ 1963-1964

生きていると起こるとっておきの奇跡、あるいは受け取ることのできるとっておきのギフト。 なんだか今日の回はそんなことを考えてしまった。いや、なんならここ数回、毎度考えている。 1日15分の物語に気持ちがぐちゃぐちゃになるくらい持っていかれる。私は…

雁字搦めのオタクのろくろ

年末年始に久しぶりにLDHのエンタメに触れた。 触れたと思った。 友人がたくさん気を遣ってくれながら(本当に申し訳ない)一緒にライブを観てくれたので「見ないかもなあ」と思っていたライブを観ることができた。久しぶりに"4時間"というランタイムに怯ん…

私は星野源を見上げている

表情にびっくりした。 数えきれないほど観たライブ映像なのに、息を呑む。目を奪われた。 星野源さんのライブツアー『POP VIRUS』をNetflixで観た時のことである。 赤のパーカーにパンツ。素朴な格好をした源さんはドームのステージの真ん中。歌う、踊る。 …

私はいったい、何と闘っているのか

安田さんのお芝居が好きだ。 無類の不器用、と言われる彼は役でもそういう役を演じることが多い気がする。私はそんな役を演じる彼に出会うたび、なんとなく、安心する。 自分だって「うまくやっていけない」を自覚している私にとっては、安田さんの不器用な…

大丈夫倶楽部

ここ2日、カフェオレを淹れるのにハマってる。淹れる、と言っても適当な量のホットミルクを作って蜂蜜を入れ、インスタントコーヒーを適当に振りかけ、お湯を注ぐだけだ。 お手軽だし安上がり。 でもそれを作ってお気に入りのソファに体育座りしてずびずびし…

EXILE TAKAHIRO ONLINE 〜X'mas 大イブ〜LIVE

敬浩さんはいつでも格好いい。 20年続くモンスターグループのフロントマン。 笑顔が素敵で歌だってどんどんうまくなっていって喋りもうまくて本当に、いつでも格好いい。 推しだからということもあるけど、正直敬浩さんを褒めるところはいくらでも出てくる。…

ハコヅメ 〜たたかう!交番女子〜

最高の「警察ドラマ」に出会った。 ハコヅメは、去年放送されたドラマの中で「気になっていたのに観れなかった」ドラマである。 フォロワーさんがすごく楽しんでるのを観て観ようと思っていたのに機を逃し、総集編で観ようとするも観れず、今回、年末年始のT…

せんきゅー2021

今年実は、家を買った。 清水寺の舞台から完全に飛び降りてる。なんなら飛び降りて複雑骨折してる気すらする。 それでも、もしもの時、何かを家族に残せると思うとめちゃくちゃに安心したし、何より部屋に初めて愛着がわいた。 ここに帰ってくるのだ、と思え…

魔女見習いをさがして

おジャ魔女どれみが好きだった。 日曜の朝は姉と弟とテレビの前に集まって、彼女たちの毎日を観るのが日常だった。どれみたちと笑い、怒り泣き、魔法にわくわくした。 彼女たちが「お店」をやるのが好きで、魔法の試験が好きで、毎話毎話、どきどきしていた…

推しとか好きとか人生とか

よく「つくさんは好きなものが多い」と言われる。あるいは、熱量を持って好きなものを追いかけてる、と。 私はその度にびっくりするしそうだろうか、とも思うし、だとしたら嬉しいとも、そんなことないんですよ、とも思う。 思えば、「好き」という感情、あ…

拝啓 コックピットより

一年半ほど、北海道で暮らしていた。 仕事の都合でかつ短期での居住だったので、ワンルームを借りていた。その部屋がコの字だった。キッチンがいっぺんの長い部分にあって、その反対にベッドを押し込んでいた。というか、ベットくらいしか置けないような配置…

スパゲティ・コードラブ

Twitterが好きだ。 情報を集めるためにもやってるけど、それよりむしろ私は自分の好きを集めに集めて作り上げたタイムラインが流れていくさまを見るのが好きだ。 今日も何処かで誰かが生きて笑って美味しいものを食べ、好きなものの話をしている。 そんな景…

おげんさん 第5夜

奇跡みたいな夜だったな、と考えて、今年、何回こうして源さんが夜を変えてくれたんだろうと嬉しくなった。 何回あっても嬉しい、何回でも、噛み締めたくなる。そんな夜がまたやってきた。 おげんさんといっしょは「偏愛的音楽番組」である。 星野源がゲスト…

星野源を聴きながら深夜に散歩に出掛けよう

夜中、ひとり眠れない時。もしくは、家に帰ってきたはずなのに落ち着かなくて身の置き所がない時。 携帯とイヤフォンを手に取って出掛ける。 完全にやらなきゃいけないことからの逃避だ。仰る通り、申し開きもできないくらいただの逃避なんだけど、まあ別に…

Creepy Nutsゲスト回のマツコ会議を観て勝手なことを延々と考えている

マツコ会議に情緒を乱されている。 情緒を乱されている、と表現するのも躊躇いがあってそれでさらにまたぐちゃぐちゃに考え込んでいる。 なんならリアタイした直後、叫び出しそうな気持ちというか、いやというよりもぐつぐつと内側から崩れそうな気持ちに苛…

劇場版 きのう何食べた?

きのう何食べた?のドラマが好きだった。元々、美味しいご飯が出てくる作品が大好きで、そんな私にとって、この作品はドンズバで好きなものが詰まったお話である。ドラマも、感想を書いていた。 その中で書いた 次の日になれば忘れてしまいそうなやりとりを…

みらいめがね それでは息がつまるので

9月21日のラジオがとても好きで、萩上チキさんの本を買った。声や言葉の柔らかさ、そして何より源さんの「若林さんとの放送回が好きだった人には、お守りのようになる本だと思う」という言葉に、気が付けば本を注文していた。 (聴いた時の心の動きをとって…

【サンプルあり】『グレースケール』について

【サンプル】オープニング、あるいはボクはここで待つ【サンプル】 ボクは、ぼんやりと時を過ごしている。 見えるのは砂とその奥の街の残骸。もしかしたらその街の名残は蜃気楼かもしれないけれど、ボクに確かめる術はない。 人間は、人間であることをやめた…

CUBE

※直接的なネタバレは極力避けていますが、ネタバレのような話は出てきますので十分お気をつけください。 根本的に「グロい話」が苦手だ。痛い、ということを過剰にもしくは丁寧に伝えられるとアアアアアアア…と言いながら折り畳めるだけ身体を折り畳みたくな…

ラジオごっこの話

ラジオをやった。Spaceで、やりたいやりたいと騒いでいたラジオをした。 やった理由はそのラジオでも話していたんだけど、あまりにも嬉しくて幸せだったので、それを忘れないために文に残す。 ラジオをやりたい、と思ったのはドラマ「お耳に合いましたら」の…

Cube

本物のチャカを突きつけてきた。 そう思った。 あちこちオードリーに出演された際、「俺は諦めませんよ」と若林さんに言ったエピソードを交えながらだったと思うけど、源さんの言った"本物のチャカ"という言葉が心に残っていた。時々思い出すその言葉を、Cub…

HIPHOP・日本語ラップ、あるいは向き合うということ

HIPHOP、いや正確には日本語ラップが今、気になっている。 何を今更と言われそうだけど、私の中で確かな実感として「日本語ラップが気になる」に変化したのはごく最近のことだ。その上、それもまだ、あくまでCreepy Nutsから見る日本語ラップ、という存在が…

昨日ライブに行った

どうしていいか分からない日があった。身体がギシギシにしんどくて胃も痛くて頭も痛くて、もう放り出したいけど、仕事の用事がある日だった。 動かなきゃいけないという気持ちと、もう嫌だ逃げたいという気持ち、無理をするのは誰のためでもない自己満足だと…

ピーズラボ 9月20日公演 異界の魚、闇を操る糸

ピーズラボが物凄かった。本当に物凄かった。 楽しみにしていたなかで、もちろん「楽しむ」つもりでいたんだけど、正直、こんなに楽しいという気持ちになれるとは、と驚きすらしている。 結果、もうなんかいてもたってもいられなくなり、こうして書き殴るよ…

Vivid Scramble

振り返ると「Vivid Scramble」というタイトルは本当に秀逸で素晴らしかったなあと思う。 ここは人生(ドラマ)のスクランブル交差点 そうキャッチコピーを与えられた一人芝居を観た記憶がなんとも幸せで噛み締めている。 そもそも"vivid cafe"とはボクラ団義…

Case

9月30日、20時から。 Creepy Nutsが生配信のライブをやるらしい。 私はそのニュースを観て嬉しくて興奮して、いやしかし幻覚だったのでは?と疑い、 どうやら本当にあるらしい、とわかって慌ててこのブログを書いている. ライブは彼らの最新アルバムCaseの…

ヘイ磯野、パーティー組もうぜ

諸々あって、最近、なんとか世界を愛せないものかと考えていた。何をいきなりと言われそうだけど、わりと本気で、真剣に、この難題に取り組んでいた。 世界を愛して、自分の人生をなんとかこう、真っ当に、取り組めないものだろうか。 なんせこちとら、365日…

お耳に合いましたら 〜9話

疲れて眠って朝一。せっかく休みなのに妙に仕事のことだとか忙しさにかまけて見ないフリした色んなことが視界にチラつく。溜まってたドラマを観ようとか気になってた映画が配信されてるとか、心躍る予定だって準備して、なんならお菓子も買った。 のに、じと…

楽園

楽園ってどこにあるんだろう。 ※楽園のネタバレとともに、『怒り』のネタバレにも一部触れています。 また、ネットで検索して分かる程度の上映当時のコメント等についても触れていますが、配信で観たため、ズレなどがあるかもしれません。 ご了承ください。 …

星野源のオールナイトニッポン リスナー大感謝パーティー

凄まじい夜だった。 星野源のオールナイトニッポンリスナー大感謝パーティー。 あまりにも楽しくてげらげら笑ったり泣いたりしながら過ごした3時間(!)が奇跡のようで、まだ頭が興奮している。睡眠時間は短くなってしまったはずなのに「楽しかった」という…